top of page
  • 執筆者の写真加藤亮太

都立推薦入試「合格した人」「そうでなかった人」そして「受けなかった人」へ

昨日、推薦入試の結果が出ました。




「合格した人」、「そうでなかった人」、


そして、「推薦を受けなかった人」へ、




メッセージを申し上げます。







合格した人へ



おめでとうございます🌸


そして、お疲れ様でした。



(当塾では、合格率7割超え! でした)





推薦入試で受かって、おめでたいはずなのに。


つい「学力はそれほどでもない」「学力検査で受かってくる子にはかなわない」 などと自分を卑下してしまいがち。


そんなことはありません。





高校の先生は、しっかり見抜いてくださったのです。






ただ、受かった人に、責務はある。



その高校の先生の期待に応えましょう。


いや、期待を上回ろう。



すでに宿題が出ている高校もあります。


ぜひ、バッチリ取り組みましょう。


そして、高校の予習をスタートさせてしまいましょう。

(数学I・数学Aなら、市販のワークを使って、薄く広くでもいいので、クリアできるはず)



自信をもって、入学式に臨めるよう、備えましょう。


さもないと、

あなたが危惧しているように、学力検査で入ってくる子に、負けてしまいます。





不合格だった人へ




この不合格は、織り込み済みだったはず、ですよね。



高倍率の推薦入試での合格は、


どう考えても、棚ぼたなんです。





苦労して準備した論文や面接が、水の泡に消える……、





そんな気分にさいなまれるかもしれませんね。


しかし、その絶望感、大間違いです。







すべて連れて行くのです。



そこで培った努力は、すべて、力となって、連れて行くことができる。







それに、



そもそも、これまで勉強してきたのは、


2月21日のためでしたよね?





推薦のためではなかったでしょう。







ようやく、100%、2月21日の勉強に費やすことができるのです。





これまでの努力の成果を出せずに終わるより、


ずっと楽しくて、エキサイティングで、やりがいのある仕事では?






推薦、落ちたー、


高校から振られたー






ではなく、



2月21日の学力検査を受ける権利を、獲得した!



高校側は、あなたのテストでの学力を見たがっている!




そう思って良いでしょう。




学力検査とは、


なんてったって、東京都が、練りに練って作った、


いわば、新作なのです。



待望の新作にお目にかかれる。


そして、対決できる。



楽しみじゃありませんか。








受けなかった人へ



賢明なあなた。



推薦に受けた人たちが、受かった、落ちた、と、


ソワソワしているさなか、


したたかに、勉強し続けてきましたね。




いっしっし。




その賢明さ、とても素晴らしい。



平常心こそ、勉強において重要な要素だからです。







これから、推薦に落ちた子たちも、本気を出してきます。





それでも平常心で、


虎視眈々と、


1点にこだわって、


志望校合格を狙っていきましょう。






その調子です。







閲覧数:173回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page