top of page
  • 執筆者の写真加藤亮太

英文和訳100。ついにクリア!

中3には、夏から課題があります。

「英文和訳100」 100本の英語長文を、ストップウォッチ片手にひたすら和訳。


これを入試の前日まで、ルーティンのように続けてもらうわけです。






都立高校入試では、試験時間50分のうち、10分はリスニングに持っていかれるので、

残る40分でひたすら文章読解をするわけですが、 文章の量は、年々増加傾向にあります。 生徒の間では、必ず、 「最後まで解き終えることができない……!」 という悩みが出てきます。 実際、設問で聞かれていることは、単純なことが多いので、 「ざっくり読んで大きく掴む」そういう雑さが正義となります。 これに対応するには、 スピード重視で英語の長文を和訳しまくること。 こうした地道な努力に尽きます。 もちろん、一朝一夕にできちゃうことではなく、 日々の努力の積み重ねが肝心。 そんなわけで、 当塾の「英文和訳100」 中2レベルのステップ1から始まり、 難易度高めのステップ5まであるのですが、 当塾5年の歴史で、一人もクリアした者はいなかったのです。 (最高で、ステップ4止まり) が、ついに、 前人未到の全クリアを果たした生徒が出ました。 TKくん。 すごいです。

great !!! (いやまさかできる子が現れるとは……)




なにより、そのガッツが素晴らしい。 そして、成果はしっかりと点数になって表れています。 (じつは、すでに1週間ほど前にクリアしていたのですが、 中3生徒全体へお伝えしたのが今日だったので、ここでの発表が遅れました) TKくんへは、 「すごくがんばったで賞!」と、 さきほど賞品をお渡ししましたが、 英語の成績アップこそ、 努力が報われた成果、最大のごほうびでしょう。 さあ、みんなも続こう!

閲覧数:69回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page