top of page
  • 執筆者の写真加藤亮太

タブレット端末は、時間内、使用禁止!

決めました! 「テスト対策期間」中、タブレット端末をつかう学習は、 基本的にNGとします。 タブレット端末での学習効果については、ずーっと猜疑してきましたが 決定打となったのは、先日の中間考査。 ある生徒の学習成果。 1学期、 タブレット端末をかなり多めに使っていた生徒さん。 2学期の中間、 あえて、「タブレット端末、完全に無し」で挑みました。 結果、 最高得点を獲得。。。 学年順位、過去最高をマーク。。。

うそでしょ…



コロナ禍におされたこともあり、中学生のタブレット端末を使った学習は、この地域でも、急激に増加傾向にありましたが、 最近はその傾向がおさまりつつあります。 定期考査の試験範囲に組み込まれる部分が、徐々に減少しているようです。 タブレット端末の長時間使用は目に悪いし、

何より、使用頻度の高い子ほど成績が上がりづらい、ということがありました。 使用を控えるように、あれこれ条件をつけて認めてきましたが、 もはや、こうなったら、基本的にはNGとします。 ただし、21時以降は使用OK。 基本的に、テスト対策期間中は、 中1・中2 …… 18時~21時、 中3 …… 17時~21時、 という時間割です。 延長してまで、タブレット端末を使いたいのなら、使って良い。 お腹がすくなら、弁当持参もかまわないわけですから。 ‥‥ということで、 さらに点数の上がっていきそうなことを決定したのでした! (決定、だなんて、そんな大それたことではないのだけれど) 私は、思うのです。(私の意見・感想になります) タブレット端末を使った学習に、つきまとっているのは、「うしろめたさ」でしょう。 私はうしろめたかったですし、生徒もどこかうしろめたかったのでは? 子供にとってみれば、おもちゃです。タブレット端末なんて。 いや、大人にとっても、そうでしょう。 おもちゃは、遊ぶために使うものです。 カメラもついているし、インターネットもつながっているだなんて、 子供たちにしてみれば、たのしくてしようがないでしょう。 勉強に使って、果たして、頭がよくなるものか。 ヒーヒー脳みそに汗かいてこそ、頭がよくなるものでしょう。 (古臭いぞ。私は。) きっと、この禁止のおかげで、 あんがい、「ほっ」とする子も多いのではないか。 勉強から逃げて、タブレットを、勉強っぽく使う、 その「うしろめたさ」をもう感じなくて済むわけです。

閲覧数:74回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page