• 加藤亮太

内申点10上げた中3生の日常




大事な時期。





中2 学年末



中3 1学期期末






この間で、


通知表の点数、


つまり、


内申をいかに上げるかは、受験生にとって、とても大事。







当塾に、



素内申で7


(65点換算内申にして、10)



上げた生徒がいます。







驚異的です。






(当塾の歴代最高は 素内申6アップ、換算内申9アップだったので、


見事、記録更新!)





夏期講習中の、


彼のタイムスケジュールをお伝えします。



成績を爆発的に上げるためにやるべきことがお分かりいただけると思います。




※ 勉強時間は下線で表示





6時~8時 勉強


8時40分塾入り


9時~12時10分 数学・英語


12時10分~14時 昼休憩


14時~18時40分 国語・理科・社会


18時40分~21時20分 自習





勉強時間 計12時間





これを毎日です。








基本的に当塾の授業は、解く時間がメインです。



私が喋っているのをきいても、ぜんぜん頭よくならないですから。



私の役割は、「はい次、はい次」


とリズムをつけること。





12時間のうち、8割以上は問題にあたっていることになるはずです。













10点。






彼が自力で、勝ちとった10点です。




手を伸ばし、つかみとる



そこには、


どれほど努力があったことか。




ほんとうに、


血のにじむような努力です。


閲覧数:218回0件のコメント

最新記事

すべて表示