• 加藤亮太

不合格。超不合格。


当塾には、宿題がありません。







宿題で頭がよくなった経験が、


学生時代も、教えていても、ないので、


出していないのですが、






より本質に迫りたく、



ほぼ毎週、理解度テストを行っています。







授業をいかに理解しているか、を測るもので、




このテストの不合格者は、


つぎの授業までに1回必ず来て、1時間半の補習なります。






ここで追いついていただく。




そのつもりでやってきましたが、


しかし、



不合格者の中には、


「惜しい。あと1点で合格だったのに……!」



という人と、





「あかん。これはあかんやつだ……」






……という人で分かれる。







両者を、ひとからげに、


「不合格者」


と、するのはいかがなものか・・・








・・・





思いつきました!!






それは、


不合格者の分類!






たとえば、


100点満点のところ、


80点未満は不合格。



としていたところ、







100点満点のところ、



80点以上 合格



50点~79点 不合格



0点~49点 超不合格





といったように、分類を作ります。








よって、



いままで不合格の人は、1時間半の補習で済んだところ、




・不合格


=1時間半の補習



・超不合格=


3時間の補習か、

1時間半の補習×2回




などとなります♪





閲覧数:0回0件のコメント