• 加藤亮太

「もうやめたら?」と言わせそうな程……

学年末考査の結果が、だんだんと返ってきています。



今回の ≪テスト対策期間≫ 中の、とある平日に。


「強制勉強 15時~19時」


という日がありました。





翌日は祝日。


10時~13時、


昼休憩はさんで


15時~19時。



計7時間の追い込みが待っています。





キツイ追い込みを控えた日にも関わらず、


延長して、22時まで勉強する子がいました。




こういうシチュエーションが何度かありましたが、


計3名か、時に、4名いることもありました。






これは私が推奨したわけではありませんし、


義務である19時までやって帰っていくことで、


それだけでも偉い、とも思っています。





しかし、このストイックさは、


ここにご報告せずにはいられないものです。






長時間勉強できる子には、共通した特徴があります。



それは、


「動かない」ということ。



≪テスト対策期間≫では、


55分勉強したあとの5分休憩が、1セットとなります。



5分はどう使ってもいい。


休憩時間ですから、




自分のスマホを、「封印ボックス」から取り出して、見てもいいし、


友達と談笑してもいいし、


机に突っ伏してもいいし、


ウォーターサーバーらへんをウロウロしてもいい。




しかし、


その子たちは、相変わらず教材に向かっていた。


(これは素晴らしいから、みんなも真似しろ、だなんて言えません。


私にもできないことです)







19時にほとんどの生徒が帰り、


20時頃には、第二団が帰り、


21時、シーンとした教室に、3~4名。



この3~4名は、

7時間前に勉強し始めたときと、


ほぼ同じ姿勢で、机に向かっているのです。





このとき、喉元まで、でかかった言葉がありました。




「今日はもうじゅうぶん頑張ったんじゃないか?


もう明日に回そう。


お腹も空いただろう?」






しかし、そんな甘い言葉、


ストイックに頑張っている彼らにとって、害でしかない。




彼らが頑張っているのは、ひとえに、点数のためです。


点数アップのために、勉強しなければならない量を、彼らは自分なりに知っている。


そして、それをクリアするために、ひたむきになっている。




「テストが終わるまで、毎日、指定時間にて、全員強制自習!」


という試練を、課している私は、


一面、鬼かもしれません。




が、この瞬間でこそ、本当に、心を鬼にしなければなならなかった。




「がんばろう」


だなんて言葉も、彼らにとっては、無意味でしょう。


点数の足しになるはずもない。




私は黙って、見守っていました。






そして、ついに閉店時間の22時。


最終のチャイムが鳴ります。




名残惜しそうに、おもむろに、立ち上がる彼ら。




「ごめんね。もう閉めなきゃならない。


明日もあるし、早く寝るんだよ」




私は、この時間とこの言葉によって、彼らを、


半ば強制的に机から引きはがしました。







「ありがとうございました」


と、フラフラした体ながらも、


折り目正しく、頭を垂れて、帰っていく姿を見送りました。






「もういいよ、という言葉を、押し殺すことができてよかった……」



私は、本当に心を鬼にしなければならない。




悲愴感が漂うほどに、


全力で戦う彼ら。




あの子たちが、目を輝かせるためには、


当塾は何ができるのだろう。


日々、考え、実践しております。




(よって、ついてくるのは、自然と大変になるわけです・・・笑


開業以来、こういった素晴らしい生徒たちの期待に応えるべく、


どんどん厳しさを増してきました。


それが当塾の現在の姿です。


当塾生には、相応の努力を要求しています。)

閲覧数:98回0件のコメント

最新記事

すべて表示