• 加藤亮太

明日も、いつも通りでレッツゴー

明日はついに、都立入試の学力検査。



「この日のためにがんばってきた」


だとか、



「この一瞬にすべてをかける」



だとか、



「決戦だ!!」



だとか、




そんな力んで考えないで、





いつもやってきたことを、ただただ、また再現するだけ。






そう思って受けてくれればと思います。


テストは、本当にそうなのです。




なにも特別なことはない。


夏休みからずーっと勉強してきた、




その延長線上に、ただあるだけ。




模擬テストだって幾度となく経験した。


過去問だって何年分も解いた。




明日もその一つに過ぎません。







ただ、ひとつ違うのは、



「新しく、そしてあなたのために作られている」




ということ。





週刊ジャンプの最新号!


みたいなものです。






新しいテストと出会うあのワクワク感を、


どうぞ味わってきてくれればと思います。



新鮮なテスト用紙、良いにおいがするかもしれません。



どんな問題が出るのかしら。



たのしみですね。






そして、この後、壮行会です。




試験会場での心得。



取り敢えず隣に座った生徒は、にらみつけて、精神的に倒す。


後ろの生徒には、思いっきり屁をこいて、意識を飛ばして倒す。



よし、2人倒した。


これで倍率3倍の難関をくぐりぬけ成功!


。。。


などと、


冗談ばかりを話そうと思います。




閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示