• 加藤亮太

すべて報われたね!

2学期期末の結果が徐々に伝わってきています。



当塾の中2の生徒たち、


最近、ほぼ全員が成績アップし、


伸び率が高いのですが、




一番すごい子の例を。




入塾したのは、あれは1学期の中間考査前。




始まりは、正直、「前途多難かもしれない……」という点数でしたが、


ぐんぐん伸びています。




今回の2学期期末に至るまで



1学期 中間 5科合計 175点 ←入塾直後


1学期 期末 5科合計 290点


2学期 中間 5科合計 288点


2学期 期末 5科合計 348点 ←今ココ






入塾以来、約2倍に伸びました。







この点に至るまで、


頑張ってきたのはよーくわかっているので。



その頑張りがすべて成果になった、ということ。





本当に、それだけです。



シンプルに、それだけです。



だから何も驚くことはない。






が、





涙が止まらんです。





本当に頑張っていた。





私が、


「ここ、ポイント」

「ここは覚えよう」

「ここは解けるように」


と言ったもの、


すべてを自分のモノにしようと、努力していた。



その姿勢は常に、必死だった。






「そりゃ頑張ったからなー」


と独り言しながら


報告書の点数をずーっと眺めていました。








まあ、私の涙なんてどうだっていいのです。







結果を出している生徒の特徴は、


周りを感動させられるくらい頑張っている、


というのは共通点としてあるかもしれません。




言い換えるなら、


周りが心配になるくらい、頑張る。







「大丈夫? 頑張り過ぎじゃない?」


と親に言わせるくらい、


頑張る。






そうしたら、このように、結果が出ます。

閲覧数:65回0件のコメント

最新記事

すべて表示