• 加藤亮太

中1もずーっと座って勉強できてる

成績上位者に共通する特徴として、



「自習中の、動きの無駄のなさ」



があります。




3時間でも、4時間でも、5時間でも、



トイレ休憩すら、ほぼしないで、



ずーっと集中できる。



「テスト対策期間中」は、


55分集中し、5分休憩。これを1セットとし、


繰り返すのですが、




5分休憩では、


机に突っ伏してもいいし、

水を飲みに立ってもいいし、

友達と雑談してもいい。



トイレなら、いつ行ってもいい。




なのに、


見ている限りでは、


この休憩時間も勉強しています。




私はここまでは求めていません。





が、成績優秀な彼らは、


きっと


「自分のために」


自由に、


そうしている。







さて、


今年の中1。





初めての「テスト対策」。





なんと、



すでにこれができてしまっている生徒が多い。






意識が高いのだろうか。




いや、もしかしたら、



みんな入学直後はこうだったのかもしれません。






が、だんだんと目にくもりが出てくる子もいます。




おもいどおりの点が取れない、


ということが続き、



また同時に、


思春期特有の、

斜に構えたような、


理屈屋さんの態度も相まって、





だんだんと、自分の人生を放り出し始める


(私の見る限りの印象です)






有望な中学1年生たち。(可能性がまだまだあるので、有望に決まっています)





ぜひとも、


この厳しくも、集中せざるを得ない学習環境で、



望みを捨てず、


あきらめず上を目指し、



全力を出せる中学生活であれ!




と願い、促します。



手持ちの写真がなく、これは去年11月の自習風景ですが……、いまも同様です。

52回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示