top of page
  • 執筆者の写真加藤亮太

カトウ塾だより 2024年3月20日版

塾生保護者さまへお渡ししている「カトウ塾だより」を共有します。






塾生保護者さま各位

カトウ塾 加藤亮太

月一発行

カトウ塾だより 2024年3月20日号





今月のトピック


☆2023年度生、卒業。


高校入試が終了しました。

入試とともに、中3生たちは卒業していきました。

全員、最後まで頑張り抜いてくれました。今年度、卒業生した生徒たちの合格高校は下記の通りでした。


ご参考までに、内部限定でお知らせいたします。


※  ブログやチラシ等での公開はいたしません。

( ) 内の数字は進学研究会が算出している偏差値です。

 

2024年度入学 合格高校一覧

 


(非公開)



 

どの卒業生たちも、無我夢中になって頑張っていました。


受験が近づくにつれ、だんだんと切羽詰まり、ときには悲愴感すら漂うこともあるものですが、今年の生徒たちは最後の最後まで「楽しく」勉強している方が多いように見受けられました。


成果が出る日もあれば、出ない日もあり、それは苦しいはずです。

が、実力を鍛錬する日々は、楽しい道のりでもあったのだろうと推察します。


(大人になると、このような経験は少なくなるものです。大変貴重な体験かと思います。)

 

そのひたむきな姿を私と、そして、後輩たちも見ていたはずです。

いつ来ても、先輩は勉強に頑張っている」夏休み明け頃から、そんな風景が当塾にはありました。ひたむきに頑張る、かっこいい姿がありました。

 

カトウ塾で培った「自律的・ド根性の学習」の姿勢は、きっと高校以降でも生かされることでしょう。



卒業した皆さんへ、新たなる門出をお祝いするとともに、今後の人生、幸多かれ、とお祈り申し上げます。




 

以下、学年別の指導内容のご報告・個人へのご報告が続きます。



新・中学1年生 


中1としての授業が本格スタートしました。来たる中学生活は実力主義の世界です。だからこそ楽しい、と感じてもらえると良いです。

集団授業ならではの切磋琢磨の雰囲気で、進められています。

 

国語……

語彙力強化・文章読解・作文特訓。

 新しく学んだボキャブラリーを使っての穴埋めや作文を行っています。じつは文意や文脈の読み取りこそが強化されます。読解力の向上を期待しています。

 月1程度、NGワード作文で作文を特訓しつつ、他の日はさまざまなタイプの文章を読解してまいります。

 

数学……

「正負の数の概念」~「正負の数を使った計算」のうち、とくに計算分野に重きを置いています。

ここは量が勝負の鍵を握っています。量をこなし、考えるよりも、身につけていくことを目指します。まだスタートしたばかりで、「どうやるんだっけ」という瞬間もありますが、少しヒントを与えると、どんどん解いています。基本的に、皆さん、理解度は高いです。

目指すは、学校の授業開始までに1学期の内容を網羅してしまうことです。

 

英語……

「中1英語激ムズ問題」に対応すべく、特講で勉強の頻度を増強しながら、進めています。

 英語は日本語よりもシステマティックな言語です。ルールをおさえ、それに則って組み立てていくことの繰り返しです。スポーツやテーブルゲームにも似ています。まず大切なのは、「be動詞と一般動詞の使い分け」。これこそが英語の土台です。そして、現在、「3単現のs」の理解を深めています。

 重要英単語に関しては、春期講習終了までに覚えきれない人は、その後、覚えきるまで補習となる約束です。

 

理科社会……

 中1のはじめに取り組むのは「生物」です。覚えることばかりですが、「特にここは間違いやすい」という急所をおさえつつ、「解くこと」をメインに進めてきた結果、「生物」分野は終了となりました。

 春期講習後、「化学」分野がスタートします。(定期考査前には、定期考査の内容に特化します)

 


新・中学2年生


 各科目ともに複雑化が増していくのが中2です。

 この1年でいかにふるい落とされず、しがみつき、むしろ優位に立つ、ということが、中3生になったときの自分の位置取りに強く関係します。

 間延びする1年とならないよう、勉強とそうでないこととのけじめをつけて過ごしましょう。

 

国語……

語彙力強化・作文特訓・文章読解。

様々なタイプの文章を読解しています。まず、興味を持って、読めること。そして、証拠を集めて正答を導くこと。理想的な頭の動かし方の流れを、作っていきます。

 

数学……

 1学期は計算がつづきます。

 まずは基本的な計算からスタートし、そして、現在取り組んでいるのが「連立方程式」です。

 中2数学の、最初のメインディッシュです。必ずやモノにしていただきます。

 春期講習の数学は「連立方程式」一色に染める予定です。身に染みて分かるよう、手を尽くします。

 

英語……

 複雑な文法が次々と襲い掛かってきます。

 未来形を軽くいなしたところで、現在取り組んでいるのが「接続詞」。日本語の時点での言語理解もかかわってきます。英語が得意だった人でも、戸惑うこともある範囲です。

 この後、「to 不定詞」「さまざまな助動詞」と続きますが、まずは接続詞をみっちり重点的に勉強し、深い理解を目指します。ここを理解できた人は、この後、強いです。

 

理科社会……

中2の「化学」を進めています。

まず覚えるべき化学式をしっかり覚えること。それは見事にクリアしつつあります。化学反応式や計算問題をミックスさせた、複雑な内容へ突入していきます。ここから「理科が苦手」な生徒が増えるタイミングですが、「得意」と言える側に立ちます。

 


新・中学3年生


 ついに最高学年となりました。勝負の年がスタートしました。

とにかく、夏休みまでは内申を上げることだけを重視していただきます。

 目の色が変わってきた子がちらほらいます。変な言い方ですが、「目の色は、変えたもの勝ち」です。

 勉強にフライングというものはありません。徐々に自分が優位に立つことを考えて、過ごしていてくださればと思います。自分本位こそ、のちの自分を助けることになります。

 まずは1学期の定期テスト、取りに行きます。もちろん過去最高点を。

 

国語……

語彙力強化・文章読解。

ボキャブラリー強化、という体裁ですが、読解力強化を目論んで、さまざまな重要な言葉を学んでいます。また、文章読解も、よりレベルの高い理解を問われる問題にあたり、多種多様に読解しています。

夏期講習から始まる入試問題対策への序章となります。

 

数学…… 

 1学期は計算が続きます。いずれ迎え撃つ、中学計算の王様「二次方程式」に向かって、ひたひたと進んでおります。

 テストもしつつ、効果的に先取りを進めてまいります。

 

英語……

 新しい時制「現在完了形」を進めていますが、ここから難しい文法がたくさん待ち受けています。

 とくに、「分詞」「関係代名詞」は難しく、そして重要です。

 しかし、関係代名詞まで理解ができてしまえば、入試レベルの長文を読むことができるようになります。

 皆さんの定着度をみながら、できるだけ早くその状態となることを目指します。

 

理科社会……

 中3理科範囲は、理屈の難しい内容が連続します。が、そのぶんおもしろい、とも言えます。

 現在、「化学」である「イオン」について進めています。春期講習では、その次の分野である「生物」での「遺伝」を終え、さらに「物理」の「力学」へと入る予定です。

 できるだけ早く中3範囲を網羅してしまい、あとは各校おさらいする、ということを目論んでいます。

 

 

以下、各生徒対象 保護者様向け 特記事項(※お子様向けに書いてはいません。お取り扱いにご注意ください)

閲覧数:67回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page