• 加藤亮太

ハイタッチ

本日も、


水元中の生徒は

テスト直前につき


55分×7コマの自習中です。



各コマ、

5分ずつの休憩を挟みます。



たった5分ですから、


ほんの「インターバル」程度。




一息つくか、伸びくらいはして、


という意味の休憩となります。







「休憩終わり。


さあ、再開です。集中じゃー」






鬼教官である私が、こう号令をかける直前、


日頃から仲の良い生徒同士の


こんな仕草が目に留まりました。





「よし、頑張ろう」


そう言って小さくハイタッチ。


各々の机へ。







ふたりはもともと同じ部活。スポーツ系。


ステキな光景でした。




学習はスポーツと似た側面があると思いますが、


「いっしょに頑張ろう!」


という感情は、

まさしくスポーツの精神ですね。



勉強は、苦しい。


苦しいときこそ、友情という連帯感で、支え合う。




いままで


「勉強するのに、友情はむしろ邪魔!」


という考えの私でしたが、


「いや、それ一点張りではない。

良い面もある。」




と気づかされました。





これはとくに、


地獄の夏期講習を経た中3生たち。




べつに、


べったり仲良く・わいわい過ごしている、


というわけでは、もちろんないのですが、




「みんなで上がっていこう」という


連帯感は生まれていることは、ひしひしと感じています。




勉強は、案外、個人戦ばかり、ではないのでしょう。



本日もこれを使って。

44回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示