• 加藤亮太

成績が上がるための行動をしていないのなら、成績が上がるわけがない

本日も、14時オープンし、音楽を聴きながら掃除をしておりました。





曲は、大瀧詠一「君は天然色」。




最近、サブスク解禁となったので、


伝説の名作「ロンバケ」を


聴きこんでおるのです。







若干、ノッてきたので、



頭と腰を振っていたことを、ここで告白します。





レレレのレー♪




かくかくと変なリズムで、ほうきを掃いていました。









すると、


「こんにちは」


という声。






おそるおそる振り返ると、



そこには新中2のAさん!





「どうしたの!?」



とうっかり訊きそうになりましたが、




「あ、今日からか!」



と思い出し、



「今日から、春休みで、

それでこんな早い時間から、自習に来たってわけだ!?」




と、





自らを納得させるための説明的なセリフを申しましたらば、





「え、そうですよ」





当り前じゃないですか、と言わんばかりに、



彼女は淡々と席につくのでした。






「なんて偉いんだ!!」




これは心の声のつもりでしたが、






実際に叫んでいました。










春休み初日、


14時から、自習にくるなんて、



成績上がるに決まってます。







以下、超当たり前のことを言います。







「成績が上がるに決まっている」





そのための行動を、


とっていないのにもかかわらず、



「成績が上がらないんです」



と言って、




まず上がるはずがないわけです。






「これで成績上がらないなんてあり得ない」


くらいのことをしなければ、



やはり、成績は上がりません。







そんな行動を、皆がとれるよう、


私ももっと考えて、もっと行動せねば。



Aさん、君は偉いし、


だからこそ、成績が上がるはず。



そして、ありがとう!






86回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示