• 加藤亮太

塾のコロナ対応、への不満

こんにちは。加藤です。



ちょっとヤフーで

「塾 コロナ」などで検索してみると、



ヤフー知恵袋などネット上の投書形式の掲示板で、


かなりの量、保護者様の

塾の対応への不満が散見されます。



「コロナにより

休塾となったのに、月謝は満額。

それはいかがなものか」



あるいは、



「コロナで始まったオンライン授業クオリティが低い。

なのに、月謝が満額とられる。

それはないだろう」


だとか。






そうした声に対して


私の見解を述べるつもりはありません。







が、


そうした他社を、


私としては反面教師とさせていただく次第です。







カトウ塾は、


まず生徒さまの健康第一、


その上、生徒さまの学力アップ、


それを淡々と求めていくだけです。










当塾のコロナ対策について、


いままでの大まかな道のりを申します。



3月2日より始まった公立小中休校をふまえ、


3月3日~3月15日、2週間休塾。月謝返金対応。

(→「毎日宿題」スタート)



授業のないその間、


「対コロナ体制」の準備を整えました。


1.感染症防止のための施策。

2.教室8名定員を4名に制限。

3.自習室8名定員を同時4名に制限。

4.休塾(月謝の返金)を選択肢とする。



体制が整ったと判断し、

3月16日の再開。




4月7日、政府より緊急事態宣言。



それをふまえ、


コロナ対策の強化版

「特別体制」へ。



以下を追加。


1.感染症対策の強化。

2.感染症対応フローを提示。

3.加藤の行動制限。



これは現在も、続いています。






対策するとなると、

やるべきことがたくさんあるのですが、


それもだんだんと当たり前となってきました。




専門家会議より


「新しい生活様式」


の提案などもなされているとおり、




きっと、


「コロナ以前」の生活はもう訪れないのでしょう。




いまの自粛の日々が、


もはや今後の日本人のスタンダードとなり、


妥協点として、


それはずっと続いていく。





そう想定せざるを得ません。






先んじて想像し、


先んじて動く。




これが以前に増して、


業界を問わず、


すべての社会人・企業が


求められている行動なのかもしれません。




54回の閲覧

Tel: 03-6875-2942

受付時間 (月〜金)14時〜22時

 

Mail: katojuku@gmail.com  

  • ホワイトInstagramのアイコン
  • ツイッター - ホワイト丸

© 2019 by Kato Juku.