top of page
  • 執筆者の写真加藤亮太

今、中3生徒にすこし気を付けてほしいこと

夏休み中、ずーっと勉強し通しだった受験生。 その頑張りのおかげで、この夏頑張れた皆さんは、少なくとも「努力の天才」状態になっているはずです。 努力の天才は、惜しみなく努力できます。



時間を惜しまず、努力しますし、 体力を惜しまず、努力します。

労を惜しまず、努力します。


素晴らしい才能です。 あとは努力の方向を定め、ひたむきに邁進していただきたい・・・




のですが・・・





そこで、すこし注意があります。






頑張れる才能を持つ皆さんは、


「頑張りすぎてしまう」ということにはすこし気を付けるべきでしょう。





とくに、




「こんな自分ではだめだ」と自己否定しながらの努力は、あまりにストイックすぎるかもしれません。









現状を打ち破り、さらなる高みを目指す……



というのは、向上のためには必要な精神でしょう。






が、否定までは、しなくてもいいでしょう。


頑張った自分を、せめて自分は、認めてあげましょう。





「ま、どうにかなるでしょ」


と楽観するのは危ういですが、





「こんなんじゃだめだ!」


と自己否定することはせず、






「ここまで来たぞ。よし」


と是認してあげてください。









そんな自己否定の末にやってしまいがちな、NGの具体例を以下に列挙します。









NG1.寝る間際まで勉強する。


→ 眠れなくなっちゃいます。やめておきましょう。


睡眠不足でむしろパフォーマンスは落ち、精神的にもダメージを負うでしょう。







NG2.無理して早起きして勉強する。


→ 早起きがむしろ睡眠不足の原因となるなら、やめておくべきです。


いかに充実した眠りを得られるか、にこだわるべきです。




NG3.いつでもどこでも常に勉強しようとする。


→ これは無理なのです。


学校に行けば友達がいるし、家に帰れば少しはボーっとしたいものでしょう。


無理なことをしようとすると、それを妨げるすべてが、敵に見えてきてしまいます。


敵に囲まれた生活、というのは、あまり精神衛生上よろしくない。


肝心なのは、オンとオフの切り替え。




オフの時は、たのしく過ごし、

オンの時は、努力の鬼となってください。




土曜か日曜くらい、完全オフにしたらどうでしょう?








NG4.受験までずーっと頑張らなきゃいけない、と思いこむ。



都立の学力検査は2月21日。

残り166日。

半年は切りましたが、5か月以上あります。


166日後に向かって、頑張れ、だなんて、言えません。


そんなに遠いゴールに向けて、やる気や速力、脚力を保持することは難しいからです。


息が切れるでしょうし、そんな自分をまた責めて…… という、くだんの自己否定になりかねない。



いまは、目前の中間考査が、良い目標でしょう。


中間の次は、期末考査。

そして、その後、また模試を受けるはずです。



そうやって、短期の目標地点を設定し、


自分にとってわかりやすい餌をぶら下げてあげて、走るべきです。


すると、走れるはずです。



いまの中3生徒が、 できるだけ避けたいこと、 気に留めておくと良いことは以上です。


ここから、勝負の長期戦。



それが苦しすぎる消耗戦にならないよう、



自分を認め、


ときには自ら褒めてやりつつ、


しなやかに、したたかに、戦っていきましょう。





閲覧数:81回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page