• 加藤亮太

受験制度は県によってぜんぜん違う


今日、読売新聞にて「公立高校受験制度の、内申の簡素化」に関する記事がありました。


私が塾講師を始め、一番のカルチャーショックであったことと関連します。




それは、


公立高校の受験において、


県ごとに内申書の扱いはちがう、ということ。





公立は、なにもかも、全国一律だと思ってた。。。





けど全然違う。





当塾に勤める以前は、私は金町の個別指導塾で勤めておりました。

ここ金町は、辺境の地。


・・・じゃなくて、県境。



もちろん都内の生徒がメインですが、


埼玉県の生徒や、千葉県の生徒も、少数ですが、いらっしゃっていました。





そこでカルチャーショックを受けます。





都内の子と、教える範囲が違うんです。


なぜなら扱っている教科書が違うから。



これくらいは驚くことではない。



教えるのが、ちょっと大変だ、程度です。




(ちなみに、


当塾では他県中学在籍の生徒はお断りしております・・・)







が、ここが大きく違う。




定期考査の重みが、全然違うんです。



ゆえに


生徒のテンションが全然違います。


深刻度が、全然違います。





そもそも公立高校入試では、


学力試験の点数と、内申書の点数(内申点)


この合計点が基準となります。




まず、この重みが各県によって、違う。



こちら東京は、


試験:内申 


= 7:3






千葉は、


試験:内申 


= 8:2(あるいは9:1)



内申の扱い、低いですね……






埼玉は、


試験:内申 


= 6:4から3:7まで(各高校次第)



高校によって違いがすごい・・・!





神奈川は、


試験:内申:面接 


= 4:4:2か、5:3:2


めんせつ!?






兵庫は、


試験:内申 


= 5:5



ヒイイイイイ、内申、高!!








そして、さらに驚くべきことは……


「内申書の点数、どの時期の通知書から採用するか」

も、また各県で違う



ということ。




東京は、中3の時点での成績のみ利用です。


すなわち、


極端に言えば、

中2まで「オール1」でも、

中3で奇跡の復活で「オール5」をとりさえすれば、

それまでコツコツ積み上げてきた人と同等に、高く評価されます。


(こんな大逆転なんて、本当に、奇跡、ですが・・・)





千葉は、中1・中2・中3、均等に評価されます。


すなわち、


雑な言い方をあえてしてしまうと、

中1時点で、すでに成績が低い場合、その時点で、もうかなり難しい、ということ……

復活逆転の望みは、かなり薄い……



埼玉も東京よりは厳しめです。


中1:中2:中3


= 1:1:1だったり、1:1:3だったり、1:2:3だったり。


この比率は、高校ごとの裁量によるそうです。

前述通り、かなり高校の特色が強い、と言えるでしょう。





神奈川は、中1の成績は使わず、


中2:中3 = 1:2 で採用するようです。






以上のことを考えると、

東京の子は、中3までは、割とノンビリ、あるいは、のびのびできる感があります。



さらに、


内申点が何によって決まるのか?


中学生は、何を気にしなければならないのか?


先生が評定するわけですが、その基準って、ブラックボックス!?



そんなでは、


中学校生活、


先生に気を遣ってばかりの日々じゃないか・・・




今日の新聞記事は、そこが焦点でした。





広島県が、


2023年から、この基準を簡素化させるそうです。



旧来


試験:内申 = 125:130 



2023年から


試験:内申:自己表現 = 6:2:2




簡素化と言いつつ、「自己表現」増えてるのには理由があるようです。(後述)

比率は、ずいぶんと、「逆転可能」に。




さらに、内申書に記載する内容も変わるそうです。

(あくまでも広島県の話)



旧来


・志望校、氏名、性別

・評定

・特別活動の記録(生徒会、行事など)

・スポーツ、ボランティア活動などの記録

・行動の記録(責任感、思いやりなど)

・欠席日数、主な理由



2023年から


・志望校、氏名、性別

・評定




さらに推薦入試も撤廃するようで、


その代わりの、前述の「自己表現」、なのだそうです。






記事にもありましたが、



学校に対して委縮しなければならない制度は、子供の身になると、息苦しく、画一的で、いやなものです。


勝手な想像ですが、


「不良文化」の終焉とともに、このような制度も古くなってきているのでしょう。


簡素化がすすみ、生徒が自分への評価を、納得しながら、

能力をフル活用できるような中学になればいいな、


とは思うのですが、


東京はすでにそのようになっていますよね。


果たして他県との違いはあるのでしょうか。



具体的なメリットは出ているのか。



たとえば、東京の中学出身の生徒と、広島の中学出身の生徒とを比べると、

具体的にどういう違いが出るのか。



ちょっと気になるところです。


さて、

東京の制度は、かなり生徒思いだな、とは思うのですが、 ひとつ注文するとしたら、 「実技科目2倍、辞めて欲しい……」

閲覧数:46回0件のコメント

最新記事

すべて表示