• 加藤亮太

テスト対策期間中の、加藤

水元中の「テスト対策期間」は終わり、


今度は、

葛美中、東金町中、一之台中の皆さんの「テスト対策期間」が、

そろそろスタートします。


(ペナルティの生徒はすでに始まりましたが)





その期間中、

毎日毎日、指定時刻に自習しに来るのですが、


私は果たしてどうしているか、


というと、





質問対応をしている以外は、


ほぼ、何もしていません。




時折、


「質問あったら言ってねー。


勉強の仕方わからない、とかでもいいよー」




などと呼びかけながら、そこら辺を、ウロウロ。





常に気にしていることは、



①空調。



②寝ている子を探す。






このくらいです。



(寝ている子がいたら、見つけた10分後に起こします)






そういえば、


以前は、もっと口出ししていたこともありました。





「その勉強法、やめなさい。


そんなことしても点が上がらない。


こうしなさい。こうだ。」




などと、指導していました。







しかし、


考えてみれば、


生徒の身になると、


それは、なかなかいやなものです。







私も受験生時代、塾に通っていたのですが、



そこの先生が、


(あまり大きな声では言えませんが・・・)


かなり口出ししてくるタイプの方で。





私の自習中、




「悩んでるのか?


どれ、見せてみろ。



なんだ、これくらいの問題か。



こうだろ、こうだろ、こうやって解く!


わかった!?


こんな問題よりも、こっち解け、こっち」




これが1時間に1~2回あるのです。






このとき、私が思っていたことは、



「早く向こう行ってくれよー。


まったく、邪魔だなあー」




ということばかりでして。




けっきょく、


その塾で自習することは避けるようになりました。






勉強中は、


曲がりなりにも(?)


勉強している本人は、本気でやっているので




外野が口を出すものではない、



ということかもしれません。








本気になれるよう、


仕向けるために、と、


余計な口出しが過ぎると、


むしろその本気もそがれてしまうものでしょう。










ただし、



休み時間以外の生徒同士の会話は、たとえ勉強の内容であっても


完全アウト。


いきなり全力で叱りますし、


(うちにそんな生徒はほぼいませんが・・・)






「テスト対策期間」後半、


毎日行うテストの後だけは、



点数次第では、


かなりキビシー指摘をさせていただきます!




66回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示