• 加藤亮太

罪悪感と、鬼

テスト不合格で、


強制自習となった生徒の教材をドッサリ作るときや、





成績がふるわず、


毎日のように塾に呼びだすときや、





定期テストの結果、ペナルティとなり、


強制自習の前倒しスタートを指示するとき、





「子どもたちに、


こんなにつらい目にあわせるなんて、ひどいことだ」




と、


ふと、


罪悪感が、


脳裏をよぎることがあります。





大切なお子様を、私がこんなにつらい目にあわせて、


いいのだろうか? 





だが、その次の瞬間、脳裏に去来するのは、





保護者さまの声。




「厳しいスケジュールを、
組んでいただきありがとうございます!!
家でボーっとしている日々とはおさらばしてもらいます!
こんなに勉強するのは、生まれて初めてです」



「カトウ塾に入ってから、
目の色が変わりました。
おかげで、『勉強しなさい』と言うことはやめることができました!」



「英語が、たのしいらしく、
私にクイズを出してきたり、英語だったらどう言うか、考えるようになりました。
あんなに苦手な英語だったのに・・・!」





これら、いただいた声。






そして、




なにより、






テストの点が上がったときの、


生徒たちの、


あのいきいきとした表情!






これらが胸に去来し、




「いやいやいや、


私は鬼にならねば!




生徒たちが立ち向かう鬼として、


強い鬼を倒してもらう、




そんな存在にならねば!



わはははは



わしは、鬼じゃー!!!」




メラメラと燃える鬼パワー




と、


ふつふつと


鬼パワーがみなぎるのでした♪








これで、もし、



「生徒がかわいそうだ・・・」




と、




ナヨナヨした思考で、




手を抜きでもしたら、





それこそ、罪。大罪。






その罪の深さたるや、


もはや塾・失格でしょうから。

65回の閲覧2件のコメント

最新記事

すべて表示