• 加藤亮太

新制度「定期テスト点数ペナルティ」

以下、保護者様への案内から抜粋。


手抜きですみません・・・



今度の学年末考査から対象となります。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


それは、点数によってペナルティを課す、といったものです。



実施の目的は、以下3つ。(特に3つ目が大!)


「定期テストの点数が、志望校選択において重要なものであることを、わかってもらう」


「定期テストにもっと集中力を発揮してもらう」



「結果が悪かった結果、


次回そのぶん頑張らなければいけない


ということを、より確実に実行してもらう!」




というものです。


以下、ペナルティの条件となります。




条件① 主要5教科合計点が、学年の5教科平均点を下回った場合


→該当生徒は、次回「テスト対策期間」を1週間前倒しスタート。授業のない平日に、最低1時間半の自習強制。




条件② 主要5教科合計点 300点未満


→該当生徒は、次回「テスト対策期間」の自学時間、毎日1時間半、追加。




条件③ 主要5教科合計点 300点以上350点未満


→該当生徒は、次回「テスト対策期間」の自学時間、毎日1時間、追加。




条件④ 主要5教科の合計点が、350点以上390点未満


→該当生徒は、次回「テスト対策期間」の自学時間、毎日30分、追加。




条件⑤ 主要5教科の合計点が、390点以上420点未満


→該当生徒は、次回「テスト対策期間」の自学時間は、規定時間どおり。




条件⑥ 主要5教科の合計点が、420点以上


→該当生徒は、次回「テスト対策期間」の自学の際、帰宅時間は自由とする。




 つきまして、定期考査のあと、学校から成績表や成績のわかるものが配られましたら、

証拠としてお持ちいただくか、画像をラインやメールにてお送りくださいますようお願いいたします。



よろしくお願いいたします。




102回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示