• 加藤亮太

「中2は、もう中3だと思って」とは言うけれど

学校の学年末考査が近づいています。



当塾は明日から「テスト対策期間」となり、


強制自習が始まります。




テストまで、最低でも計50時間程度の自習時間となります。




当たり前ですが、


テスト本番で、点は上がりません。


勉強をしていないのに、いきなり点がアップする、


そんな現象は起こりえない。





当たり前ですが、


テストまでの勉強で点は上がるのです。





で、ただ自習をさせるだけか、


というと、それなら家でやればいい、


という話になります。



以下、自習時間の内容です。




1.監視が厳しくなります。


私の意識は、ふだんの2倍、ピリピリしています。


少しでも怠けている様子や、私語があった瞬間、


飛んでいき、すかさず雷を落とすでしょう。



なんせ、テスト対策期間中の、私の1番の仕事は、


「怠けさせない」


ということになり、目を皿のようにして生徒の動き、頭の使い方を見ていくので。





2.ほぼ毎日テストとなります。


試験範囲のテストをほぼ毎日行います。


このテストで点がとれることが、定期テストで点を上げるための最低ラインとなります。





3.ほぼ毎日、個人面談をします。


毎日、ひとり5~10分ずつ、面談します。


「何点とるつもりか」

「何を勉強しているのか」

「今それで充分かどうか」

「より良い勉強法はないか」


これを詰めていきます。




4.進捗度が貼りだされます。


全員には、課題があります。


それがどれだけ進んでいるか、一目にしてわかる表を貼りだし、


切磋琢磨してもらいます。




必要なのは、量と繰り返しです。


質でもなく、熟考でもなく、


とにかく量をこなすこと。


しかも、繰り返しこなすこと。



私はそればかりを求めます。










また、新中3生には、


2学期末の通知表の点数をもとに、



いまの実力なら、どの高校に入ることになるか、



内申点を上げることが、いかに重大か。



また、目指す高校があるなら、


あとどれだけ頑張らなければならないか。


あるいは、


あとどれだけ頑張ることで、どのくらいの高校へ行けるのか







この話も各自に行っております。



「この学年末考査は、


もう中3生だと思ってやりなさい!」


という、厳しいお言葉が、各校で言われている、とのことです。



まさしくその通りだと思います。


それさらに促進いたします。




43回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示