• 加藤亮太

「はじめ」の合図でやるべきこと

入試でも定期テストでも、


「はじめ!」


の合図とともに、


早速、


ガンガン取り組みましょう!!





・・・というのは、間違っています。





まずはあわてず、さわがず、



1分くらいはかけて、



問題のぜんぶを見ること。


全体を見渡すこと。







あまりひとつひとつを見ていく必要はなく、


新聞でいうと、見出しを見ていく感覚。






「どんな問題が出ているのか」


「大問4、5に難しそうな問題がある」


「中盤に、ガンガン解けそうな、小問集合がある」


「お、今回は得意分野が出てる」



・・・




そんなことを把握できます。




テストは、

全体像を把握してから、


取り掛かりましょう。







もし、これを怠ると・・・、





登山にたとえるなら、




標高何メートルかわからないまま、


「登れ」


と言われて、


放り出されるのと同じ。





もはや罰ゲーム。






最後の問題に行き着くまで、


ずーーーーっと不安や恐怖と戦う羽目になり、



時間のかけ方がわからず、


「ようやく解けた!」


と思ったら、


「え、裏のページ、あったの!?」



と残り5分で気づく悲劇、


そんな凡ミスにおちいりかねません。







入試の試験会場、


見なくても、周りの気配は、伝わってくるはずです。



「はじめ!」




その瞬間、周りはすぐに解き始めているようだったら、



「とりあえずこの人たちには、勝った♪」



そう思ってしまって、結構!

47回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Tel: 03-6875-2942

受付時間 (月〜金)14時〜22時

 

Mail: katojuku@gmail.com  

  • ツイッター - ホワイト丸

© 2019 by Kato Juku.