• 加藤亮太

ラストスパート!を監視

本日は、テスト対策期間のうち、

スパートをかけるには最良な日。




1日まるまる自学自習しに、


自習に来た(というか来させた)生徒は素晴らしい!








・・・のですが、




ともすると、

長い時間をかけただけで、効果が低い、

といったもったいない1日になりかねません。



いわゆる、


「やった感」。

「やった気になっているだけ」。






好きな科目ばかり天塩にかけて、


やけに手の込んだノートを作って


「やった気」になっていたり・・・





数学の難しい応用問題にずっと取り組んで、


ついに「わかった!」と思った瞬間、


気付けば、4時間経っていた・・・など、




(いやいや、その貴重な4時間、


もし理科や社会に費やしてたら、

最低でも10点は上がっていたでしょう・・・


なんせ、その難問が出ても、せいぜい7点8点。

それに、もし出たら、の話です。


これは優先してやるべきことではない。


テストとは点をいかにとるか、という、一種のゲーム。


優先順位を忘れて、

つい面白くなってしまい、

理性を失い、夢中になってしまう。


こういうことには、どうしても弱いのが、人間というものでしょう)







そりゃ一見、

長い間机に向かっているのですから、


こちらも叱るのが難しい。




これは、てごわい敵です。





そこで、



始めました!



「テスト点数アップのための、本日の計画」



今日は最低で55分×7コマの自習時間割です。




それぞれの時間帯、


「何を勉強するのか」


宣言してもらいます。




これだけでも、自覚的で冷静な学習のためには、

少しは効果があるはずです。



さらに、

カトウチェック。



個々に私が伝えていきます。


(ちなみに、

その間、ほんの1分以内。

こんなことに、時間かけるべきではないので)




「数学1コマかー、

1時間はあまり効果ないかも。

3コマやったらどうかね。

その代わり、国語は1コマでいいんじゃない? どう?」



「よし。この時間割でいこう。

で、覚える、というより、解く、ということを意識して。

だからこのワークをとにかくこなして」



「社会の勉強、してる?

数学と理科ばかり、多すぎるように思える。

社会を最低でも3コマ。

いま社会を頭に入れておかないと、直前に焦ることになるよ。

組みなおしてもらいます」




といったような

ツッコミを入れることができました。





この効果は、

試験範囲のチェックテストでわかってくるでしょう。




対策も、テストも、やるのは本人。


勉強は完全に、個々人の世界。



本番で、テスト紙面上を、ぞんぶんに暴れられるよう、


頑張って。

59回の閲覧

Tel: 03-6875-2942

受付時間 (月〜金)14時〜22時

 

Mail: katojuku@gmail.com  

  • ホワイトInstagramのアイコン
  • ツイッター - ホワイト丸

© 2019 by Kato Juku.