• 加藤亮太

もはや、ライオン!

季節講習は、厳しい授業の連続。


生徒にとって、かなりハードな日々となります。



知識や技術を詰め込み、

使いこなせるようにならなければなりません。


また、

受験勉強に耐えうる、体力、集中力の鍛錬にも

このハードさは必要です。


(脳みその筋トレ、とでもいいましょうか)



そのぶん、

休憩時間は、ぐだ~っと脱力して然るべし。



授業の合間の10分休憩は、


友人とお喋りをしていても、

机で突っ伏して寝ても、

ふらふらと教室を立ち歩いても、


もちろん自由です。


(私は生徒の視界からできるだけ消えるようにしています)




ところが、

こんな中3生がいます。


休憩時間中も勉強しているのです。



また、この生徒、



提出した答案の〇つけの、1、2分の間も、


すっと机に出した別のワークを出して、

問題を解きだすのです。




そして、私が答案を返し(ほぼ満点)


つぎの課題を与えると、

即取り掛かります。





彼には、休む時間はありません。




一度

「休む時間は休んでいいんだからね」



と言ったものでしたが、


ききません。




鬼気迫るものがあります。






きっと彼は、

休憩時間を必要としていないのでしょう。




待ちかねた獲物に、ぱっと襲いかかるように、


解くべき問題に飛びつくのです。





全員が、彼を真似しろ、とは言いません。


いや、私ですら無理。




ですが、



彼のような生徒がいる教室。




いかに周りに影響力をおよぼすか。





このレベルの集中力のある生徒は、

せめて冬くらいから、出てくるものですが、

早くも夏から出ました。




ライオンのように、勇ましく、たけだけしい。



もちろん、成績にも、効果は如実に出ています。




44回の閲覧

Tel: 03-6875-2942

受付時間 (月〜金)14時〜22時

 

Mail: katojuku@gmail.com  

  • ホワイトInstagramのアイコン
  • ツイッター - ホワイト丸

© 2019 by Kato Juku.