• 加藤亮太

忘れもの

夏期講習の最中は、私は実家に居候しております。



寝食を頼るかたじけない下宿人にとって、


大事となるのが、


お弁当。



忘れものをしたのは私です。



実家に弁当を忘れてしまいました。



せっかく握ってくれたのに・・・


おにぎり。





こうとなっては、


生徒に「忘れ物はゆるさん!!」


とは、言えないわけで、



筆記用具の備品は、一応ありますが、



しかし


弁当に替えはない!



炎天下の昼休み、いったん戻るしかありません。

とほほ。やむなし。


「あ、弁当持ってくるの忘れた」

55回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示