• 加藤亮太

【期末】全員面談。その表情。

期末の成績が出て、学校での三者面談もぼちぼち終わる頃となり、


生徒と個別で面談という名の、

「作戦会議」をしております。




会議の内容は、基本的には、軽いです。




たとえば、



「今回の成績どう思いますか?」



生徒

「上がったので、良かったです」




「私もすごいと思いました。


褒めます、褒めます、ホメオタシス!


・・・さて、成果が出た、ということは、

今回の勉強法はあっていた、ということです。


だから、次回のテストもこの勉強法を続けてください。


でも、もっと上げたいよね。


それなら、さらに強化しましょう。

具体的には、・・・(企業秘密)」



生徒「了解しました!」





中3生には、

これに加えて、

志望校へ向けて何点内申点が不足しているか、


と、入試に向けて具体的な話もします。






成績上がらなかったバージョンも、


残念ながら、数名、いなくはありません。


その場合は、その生徒の日頃の学習内容に踏み込みます。






さて、


成績が上がった子の表情というのは、


意外と、「ニコニコ顔」ではありません。



ニコニコ

「今回成績良かったです!」という生徒を、


私はみたことがありません。





もちろん、

成績は上がったのですから、


どよ~んと落ち込んだ表情、


ということはないのですが、





どことなく不満げな顔。





「良かったね」


こう言っても、


「はい。でもですね・・・」


と、満足し切ることはありません。





これは


「頑張ったぶん、あのミスが悔しい!」


ということでしょう。





この純粋な悔しさが、


次回テストの糧になります。

やる気のガソリンになります。

心はメラメラと燃えるはずです。



(ほんとうの「謙虚さ」というのは、

こういうことなのかもしれませんね)





ところで、


生徒にもっとも言いたくない言葉は、


「頑張りが足りなかったな」


という言葉。




それは生徒と私、同罪です。


頑張らなかった本人も、

頑張らせなかった塾講師も、

どちらも悪い。



頑張りが足りない、

なんてことがないような塾を目指していますし、


当塾はそのような塾だと思っています。




0回の閲覧

Tel: 03-6875-2942

受付時間 (月〜金)14時〜22時

 

Mail: katojuku@gmail.com  

  • ホワイトInstagramのアイコン
  • ツイッター - ホワイト丸

© 2019 by Kato Juku.