• 加藤亮太

「3周」の意義

定期テスト対策の「塾プリント」、



3周して、

ようやく、見えてくるでしょう。



自分は


どこが苦手で、


どこが自力で解けなくて、


どこを強化すべきか。








1周目


ミスしていい。解説を見ながら理解できることが大切。



2周目


自力でできるもの・

解説見ないとわからないものと、を仕分け。


解説見て、次こそ解けるようにと危機感を持って。





3周目


ここまで来てできなかったものは、

本当に苦手な問題。


これはつまり、

他の皆も苦手なところ。


だからこそ


「ここが、絶対に出る。出来るかできないかで、差がつくよ」


と、問題が教えてくれている。





テスト勉強は、この領域にたどりつくことが、大事です。






さあ、続々と

仕上がってきています!





この後は、

苦手な問題を大量に解いてもらい、


強化!強化!

閲覧数:70回0件のコメント

最新記事

すべて表示