• 加藤亮太

「うわ・・・」と、引かれたい。


昨日の中3授業は、

体験生2名も参加でした。




体験生こそ、ドキドキしているのだろうけど、


私も少しは緊張します。







緊張を紛らわすために、


キンチョウの虫コナーズをつるしたりして。



そんな悲しいギャグで蚊も寄せ付けず、、、





しかし


とても力になるのが、


現・塾生の存在。






ごらんください。彼らを!



と言いたい。





すごいでしょう。




一心不乱に机に向かう姿。




室内に鳴り響く鉛筆の音。




ピリッとした空気感。






これが当塾の日常です。


(中学生は3学年ともにこんな感じです)



塾生のことが、私は自慢です。


おっさんの緊張など、たちまち吹っ飛びます。






さて、


体験生の二人は、


どう感じてくれたかしら。





授業中はそんなことを考えるヒマも

なかっただろうけど。



(彼らと同じくらい

ひたすら集中していた様子でしたから)






この環境を、


嬉しく思ってくれてもいい。

ドン引きでもいい。


とにかく



「うわ~」




少しでも


「うわー大変なことになるぞー」


と思ってもらえたら、


幸いです。





もし


「余裕~♪」


と思われていたら、ダメです。


当塾の存在価値の終わり。







強くなれる環境。


当塾の宝です。






53回の閲覧

Tel: 03-6875-2942

受付時間 (月〜金)14時〜22時

 

Mail: katojuku@gmail.com  

  • ホワイトInstagramのアイコン
  • ツイッター - ホワイト丸

© 2019 by Kato Juku.