• 加藤亮太

受験生に言い続けてきたこと

こんにちは。塾長の加藤です。


中3生、

ついに本番が迫ってきました。




中3の皆さんには

夏から言い続けてきたことがあります。


それは


「最大のライバルは自分である」


ということ。




入試は、全員で受けるものですが、

中間や期末のように、


クラスの友達と競うものではありません。


各個人で志望校も違い、レベルもそれぞれ。



「ライバルは友達」?



受験勉強にはそれは通用しない。




寂しい言い方ですが、


「友達は他人」


となります。




夏以降

ずっと言って来たことは


今、怠けたい自分がいるとして、

そいつを倒せるかどうか。


怠けたい自分を倒して、机に向かった。


ならば、”その自分”は合格するかもしれません。




あるいは、机に向かったのは、もうひとりの自分で、

じっさいの自分は、その時間、スマホでゲームをしていた。


ならば、”その自分”は落ちるかもしれません。



なまける自分を倒せ。

勉強する自分がその上へ行く。



試験会場では、


たったひとりで立ち向かうのです。



もちろん助けてくれたご家族、

親友、

学校の先生、

など、


もちろん、

みなさん見守ってくださっている。


しかし、

実際のテストの瞬間は、

頼れるのはただ自分だけ。



結果を決めるのは、

自分のできぐあい。


それだけ。




そう申してきました。





その言葉に感化されたかどうかはともかく



塾生は頑張ってきました。



私は皆さんの頑張りはすごいものがある、


それを私は知っています。




皆さんは最強の”自分”を育ててきました。




そして、

ついに本番が見えてきた。




ここへ来て、


「ライバルだった”自分”は、

ついに仲間になります」



試験会場では、


いままで頑張ってきた”自分”が

唯一無二の味方となり、



最強の自分が、

助けてくれるはずです。


たくわえた知識を、

つちかった技術を、


十全に発揮することができるのです。





のこり、約1か月強。






ゴールテープが見えたとたん、失速するか?



ゴールテープの先までさらに走れるか?





この差は大きいでしょう。





中3生、


ラストスパート、


最強の”自分”とともに


頑張れ!




0回の閲覧

Tel: 03-6875-2942

受付時間 (月〜金)14時〜22時

 

Mail: katojuku@gmail.com  

  • ホワイトInstagramのアイコン
  • ツイッター - ホワイト丸

© 2019 by Kato Juku.

カトウ塾