• 加藤亮太

日本テレビ「news every.」にて放映

最終更新: 1月8日

昨日、取材の申込みがあり、



極力、授業の邪魔にならないよう、


また、ソーシャルディスタンスでの取材が可能、


とのことで、



取材をお受けし、


それが本日18時頃、放映されたようでした。







宣伝などではなく、


取材のテーマは

「緊急事態宣言発出を、学習塾はどうとらえているか?」


といったものでした。



率直にお答えしました。




これまでどう対策してきたか。


宣言が出たら、どう対応していくか。


コロナが長引いたら、どうするのか。


苦慮している点。


生徒の心境。


講師である私の心境。


生徒へのメッセージ。



などなど。





次出るなら、もっと明るい話題で・・・




なかには、中3生徒へのインタビューもありました。


(こちらはほぼ100%使われていました♪ 素晴らしい。面接でもこれなら大丈夫。)







中3生は、


「受験間近」、という時点で、すでにプレッシャーと戦っている日々です。




そこへ来て、コロナの爆発的流行。




「大丈夫。そのまま行けばいい! この道で合ってる!」




私はそう言いながら、衛生管理を徹底し、




彼らをふと眺めては、


心底、「偉い子たちだな・・・」


と思っています。





ほんとうに頑張っていますから。





冬期講習、


中3のみんな、朝9時から夜19時頃まで、


ずーっと集中しています。




記者も驚いていました。




「こんなに静かなんですね・・・」と。





ほんとうに、


みんな、ずーーーーーーっと、


机に向かっています。





計4時間近く、いらっしゃいましたが、


ずーーーーーーっと、


その調子ですから。






そんな彼らが


できるだけ不安のない状態で、



全力を発揮できるよう、



今回の取材を経て、



改めて気を引き締めました。






緊急事態宣言発出を前に、


なお一層、平常心を心がけていきます。

65回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

9月13日(月曜日)の営業時間の変更について

9月13日(月曜日)は、営業時間を変更させていただきます。 通常14時営業開始のところ、 明日のみ、 18時40分営業開始とさせていただきます。 何卒よろしくお願い申し上げます。