• 加藤亮太

厳しい?けど、あれもない、これもない

最終更新: 2019年5月13日

 こんにちは、塾長の加藤です。

 本日、定期テストを控えて自習室開放中でございます。鉛筆を動かす音が、いつもよりかはいささか激しめに響いております。片隅にてパソコンを開きました。


 先日の「おかみさん」による「厳しいカトウ塾!?」の記事へのアンサーとして、

 「厳しいけれど、あれもない、これもない」をお送りします。


 「厳しい」塾、ときくと、あれもこれもやらされる?! という印象をお持ちのようですが、ありそうで、当塾にはじつは「ない」もの、羅列していきます。




・体罰

 ございません。うちは厳しい塾。とはいえ、体罰で厳しさを表現することはしません。

 これは今どき、ほかの学習塾も同様でしょう。

 ただし、はじめにお渡しする「生徒規則」に背いたら即、退塾を勧告しますが。


・ノート強制

 ございません。ノートにメモをとる生徒はほぼいないようです。それよりもどんどん問題を解いてもらう=アウトプットばかりでノートをとる時間はないかもしれません。それは予習で新しい範囲に入ったときも同様です。


・定期テストの直し

 ございません。あまり価値を感じません。学校でやってくれるでしょうし、なにより、解いていて面白がれないのが第一の理由です。それより早く次に行かないといけません。


・異常気象時の授業

 無理して来る途中、ケガでもしたら大変です。この際、根性論は通じません。できるだけ早めの判断を心がけて、休講措置を行います。


・居残り

 ございません。勉強は計画的にやらないと、だらけてしまいます。自習室の予約制もこのためにございます。計画的な補習は、ばっちりございます。


・生徒への過干渉

 芸能界曰く「いじり」ですが、ございません。そういった、年上による年下へのいじめの前触れのようなことをしている暇はございません。大人と同等に接します。なお、ほかの生徒をからかう、はやしたてる、悪口を言う等、いじった生徒は、その時点でアウトです。

 

・大量の宿題

 授業のはじめに、前回の授業内容をチェックする小テストを行います。そのための宿題を、日割りで出します。

 そもそも家で勉強することを前提としていません。家はリラックスできる場所・休む場所、という考えです。机に向かっても勉強に集中できるはずがありません。とにかく塾に来て、自習室で机に向かってください。授業時間外はいくらでも質問に答えます。問題もたくさんあるので、どんどんお渡しします。


・やる気を入れる儀式

「元旦特講」「えいえいおー!」等、気合い系統のことは行っておりません。また、「やる気スイッチ」探しはいたしません。やる気のある生徒(=危機感を抱えた生徒)のみ入塾可能となっています。つまり、「親が言うから仕方なく来た……」といった生徒さまには向いていません。


・教育論

 ございません。「学校教育はこうあるべきだ!」とか「最近の教育はここがおかしい!」だとか、ひとつやふたつ思わないわけでもないですが、それを発言することは私の仕事ではないとわきまえます。


・英検/漢検の受検強制

 これに関しては、完全に生徒様のお任せです。各自ライフワークとして取得を目指すことはモチベーションアップにつながるかと思います。ただ、私立入試に有利にはなる場合がありますが、そのメリットは非効率的ですし、また、当塾は都立高校入試を目標としておるので、たとえばすべての都立高校が英検準2級の取得で30点加点、というようなことがない限り、強制いたしません。検定の内容での授業時間外での質問や対策、指南はもちろんおこたえいたします。


・模試への大量受験

 中学3年生にとって模試は必要です。志望校選定の基準の一つとなります。ただ、効果のない模試はお金と労力の無駄、なにより、時間の浪費だと考えております。部活と高校研究で忙しい中学3年生にとって、時間は貴重でしょう。受験者の多い回=結果に信ぴょう性の出る回、つまり8月から、同一の提供会社のものを、3~4回受験いただくことを推奨しております。もちろん、雰囲気に慣れる等の目的で、さらなる回数の受験を阻むものではございません。



 ・・・・・・このくらいでしょうか。

 simple is bestを目指す当塾には前述以外にも「ないもの」だらけ、ですが、それは厳しい、厳しくない、とは無関係なのでここでの言及は控えます。




 最後に以下に当塾の生徒規則を記します。

 これは授業体験時にお配りするものと同じです。



カトウ塾 生徒規則

設定日 2019年1月16日

塾長 加藤亮太


1.当塾はあなたの成績アップのためにあります。それ以外の目的での利用はお断り。


2.教室は集合住宅の一室となっています。以下のルールを守ること。


 ① 教室の外では会話を慎むこと。電話も同様。

 ② 教室と駐輪場への通路以外への立ち入りは禁止。

 ③ アパートの前でたまらないこと。

 ④ 駐輪場使用可。指定した場所へ、つめてとめること。

 ⑤ ゴミは教室内のゴミ箱へ。アパート共用のゴミ箱に捨てないこと。


3.携帯電話・スマートフォンは最低でもマナーモード。

周りの迷惑にならないよう、配慮すること。

授業中に着信があった場合は、許可を得てから玄関付近にて通話すること。

また、保護者様からの依頼があれば金庫にて預かります。


4.遅刻・欠席は必ず保護者様よりご連絡をください。基本的に振替は行いませんが、

事前連絡のあった欠席者には、欠席時に配布した資料等があれば、後日渡します。


5.飲食の持ち込みは可。ただし、食事は指定した場所でとること。

  ウォーターサーバーもご利用ください。


6.自習室は積極的にご利用ください。

ただし、予約優先制です。予約表に氏名・時刻を記入し、使用してください。

教材・問題が欲しい時は、授業の合間に言ってください。いくらでも差し上げます。


7.90分授業は、1回休憩を挟みます。人間の集中力は50分が限度のようです。

  これをヒントに、50分区切りの自習をオススメします。


8.「失敗は成功の対極ではない」。人は失敗した分だけ強くなります。

本番はテスト会場。テストで失敗はできませんが、ここでなら失敗できます。

当塾は、失敗から学ぶ場所です。

どんどん失敗して、そこから学んで、さらに強くなって、成功しましょう。


9.以上規則を守らない、または他人に迷惑をかける言動があった人は、その時点で退塾となります。



☆新規塾生募集中です☆

当塾は、小5~中3の新規塾生を募集しております。

入塾ご検討に際しまして、まずは【授業体験】のご利用をお願いいたします。

5月17日~6月14日からご予約ください。


カトウ塾 公立中学生のための学習塾 

葛飾区東水元5−4−20 ハイツセザンヌ101

Tel 03-6875-2942

Mail katojuku2019@gmail.com

97回の閲覧

Tel: 03-6875-2942

受付時間 (月〜金)14時〜22時

 

Mail: katojuku@gmail.com  

  • ホワイトInstagramのアイコン
  • ツイッター - ホワイト丸

© 2019 by Kato Juku.

カトウ塾