• 加藤亮太

荻上チキ「いじめを生む教室」


荻上チキ著「いじめを生む教室 子供を守るために知っておきたいデータと知識」

を読みました。(PHP新書 2018年7月発行)



いじめが生まれる。・・・それはいけない!


・・・・・・そんなこと、誰でも知っている。

そうです。ずいぶん前から我々は

「いじめ、ダメ!ぜったい!」

と、思ってきたはず。


なのに、いじめは一向に無くならない。

なぜ?

むしろ最近増えている?

種類も変わってきている?


本書は、近年のいじめの実態を、具体的なデータで明らかにするとともに、それらデータから見えてくるいじめを撲滅する方法を示しています。

それが、ワイドショーのコメンテーター的な、経験・勘・主観的意見・感情から、ではなく、できるだけ科学的な理屈でもって示しているところが、本書の“キモ”です。


帯キャッチ「『やさしさ』だけでは、子どもは守れない」という文句に惹かれたのと、

私・カトウと同年代の筆者(1981年生まれ)の顔写真の、神経質・理屈屋風な佇まいに惹かれて、手に取りました。

社会学者の古市憲寿氏にも似た、あの理屈屋さん風の筆者が、「いじめ」という、モヤモヤと不愉快な、誰もが胸にイチモツ・わだかまりある問題をどう扱うか。


それがやっぱり、筆者、あらん限りの理屈で、ぶった切っていきます。

期待を超える精度で、データ分析に基づく施策、という刀を、がんがん振りおろしていきます。

経験・勘・意見を排除し、否定し、

何より大切なのは理屈の通った施策だ、データ分析に基づく施策だ、と。


かくいう私・カトウも、学生時代、いじめの被害者でもあり、また時には、見て見ぬ振りをする半加害者=イヤ〜な取り巻きの一人でもありました。

そんなモヤモヤを抱えたままの私にとって、筆者の振り抜く“理屈の刀”の切れ味の鋭さは、快感ですらありました。いいぞ、チキ、いいぞ。(チキ・・・不思議な名前)



さて、

「いじめはダメ!」

「いじめられる方にも問題があるかもね」

「いじめは無くならないでしょ」

「学校なんか行かなくても大丈夫さ」・・・

・・・そんな声がいつもきこえる我が国。世にはびこる漠然とした風潮。

本書はその虚ろな正体を晴らそうとします。

データの分析によって浮かび上がる施策の提案、さらに筆者自らの率先しての実行が、具体的に、そして着実になされていく様がリポートされています。


いじめ問題には、長く悩んできた社会。

(我が国は、いじめ問題を30年も前から認識し、悩み続けているとの事)

筆者の方法論によって、その暗雲に、ついに裂け目ができ、明るい未来からの日差しが降り注ぐ、そんな日が来るやもしれません。

いや、我々自身がそうする当本人なのかもしれません。


本書を読み、私はいじめ問題に対して、じつにポジティブな視点を得ることができました。

特に、

いじめ被害者の思考を、「いじめ被害モード」から「いじめ解決モード」へ切り替えることが、被害者の心にとって、そしていじめを解決する道筋を進むにあたって、大切、

という部分に、共感しました。

いじめを受けていたあの頃、私はずっと受け身でした。

「解決するにはどうしたらいいか」という、自分を客観視する思考へ、頭をめぐらすことなどできなかった。

これができていたら、きっと、ずいぶんと楽だったし、いじめの終わった後も、より良い生活を送れたかもしれない。

この「解決モード」への切り替え促進は、本人もそうですが、大人のサポートが必須です。

その内容は、詳しくは本書をお読みいただければと思います。





「近頃のいじめは手に負えない」

「いじめなくしたいけど、やっぱり無理でしょ」

「学校の先生って、いじめ対策ちゃんとやってるの?」

または、

「理屈で考えることが好き」

「伝統的な習慣やしきたりに疑義あり」


そんな方におすすめの一冊です。

(塾にて常備。塾生は貸し出し無料。)


おすすめ度 ★★★★☆(星4つ。勇気が出ます!)


なお、

今後とも、このような記事、(塾長カトウが気になったこと・読んだもの等々)、カテゴリー「関心」にて、雑多でお目汚しではございますが、書き散らしていこうと思います。

どうぞよしなに。(いちいちトップに出ないように100年前の日付でやってみます)


カトウ塾 中学生専用学習塾

葛飾区東水元5−4−20 ハイツセザンヌ101

Tel 03-6875-2942

Mail katojuku2019@gmail.com

#水元 #金町 #葛美 #水中 #葛飾 #塾 #中学 #学習 #指導 #自習室 #講習

Tel: 03-6875-2942

受付時間 (月〜金)14時〜22時

 

Mail: katojuku@gmail.com  

  • ホワイトInstagramのアイコン
  • ツイッター - ホワイト丸

© 2019 by Kato Juku.